2018春清里「抑圧した感情を解放できた」方2

2018春 清里リトリートにて

  • レナード・ジェイコブソンのリトリートに参加することは、わたしにとって最も満ち溢れ、愛に溢れた体験です。
    レナードは自分の教えを最も必要としている人を本当に知っていて、最も必要とする人を選んで答えていると感じました。

    今回のリトリートでのわたしの最大の変化は、わたしの父の死をやっと受けいれることができたことです。そして、父の死を受けいれることができなかった日々にさようならを言えることができました。

    参加したすべての方から、大きな愛と受容を感じました。
    リトリートで痛みを分かち合うときには、まったく判断を下されることもありませんでした。

    私は怒りをいつも恐れているので、怒りの瞑想はとても難しかったけれど、真にプレゼンスに在るには、わたしには必要なものだということがわかりました。

    これからもできるだけ長く、このリトリートが続くことを、そして、1年に1回以上は開催されることを願っています。

    わたしは、いま、とても軽くなって、愛でいっぱいです。

    ありがとう、レナード
    ありがとう、礼子さん
    ありがとう、雅子さん 

    Going to Leonard Jacobson’s retreat is the most fulfilling, loving experience for me.
    I feel that Leonard truly knows who needs his guidance the most and chooses to answer accordingly to who needs it the most.
    The biggest and most important change in myself during this year retreat was finally allowing myself to accept my father’s death,
    and to allow myself to say goodbye after three years.
    I felt so much love and acceptance from all those that participated.
    There was no judgment, no fear in sharing our most secret pain,
    I still found it very hard to do the anger meditation, for I have always feared anger,
    but I now know this is something I truly should work on in order to truly be present.
    I wish these retreats were longer and more than once a year but I feel so much lighter and so much love.
    Thank you Leonard,
    Thank you Reiko,
    Thank you Masako. (ラインハート 櫻さん)
  • 苦しい、つらい、悲しい、うれしいことは、過去の感情にとらわれていると実感しました。
    これからプレゼンスを日々積み重ねることによって、何かが変わるという期待でいっぱいです。
    リトリート会場にいるだけで…、レナード先生のお話を聞く中で、涙がこみ上げて、
    何かが解き放たれて楽になっている感じになっていました。
    ありがとうございました。(田中 隆子さん)
  • ある参加者の方のお父様に関するセッションは、私も父の死に間に合わなかった事への『申し訳なさ』の解放にもなりました。(60代 女性)
  • 清里 清泉寮の静謐で心地良い環境の中で行われるリトリート。
    レナードのプレゼンスの愛のエネルギーと、プレゼンスから発せられる言葉。
    ただ共に、いまここに在るだけで、涙があふれ出てきます。

    毎年、清里リトリートに参加していますが、今回は、意識の目覚め、プレゼンスの深まりを感じるリトリートでした。

    今回もまた予期せぬ解放が起きました。
    怒りのワークで、周り(近く)から発せられる、怒りの言葉や、怒りのエネルギー、攻撃的なエネルギーが、とても怖くて、思わず耳をふさぎ、涙がこぼれ出ました。

    レナードのセッションにより、怖さはゆるみ、愛へと変容していきました。

    遊び心を持って、怒りを表現するワークができるように、そして、怒りが笑いに変わるように、プレゼンスの愛の中で、抑圧してきた怒りを解放していきます。

    他の方が質問される内容も、共鳴することが多くあり、参考にもなり、また同時に解放が起きたりもしました。

    プレゼンスでつながり出会えたみなさま、ありがとうございました。
    愛そのものである真の意識に、今この瞬間、目覚めますように。(女性)