2018春清里「プレゼンスが深まった」方

2018春 清里リトリートにて

  • リトリートに参加させていただき、ありがとうございます。
    本を読んだだけでは理解できなかったプレゼンスを、レナードさんと又皆さんと一緒に体験できましたこと、何より有難く思います。

    この学びの中で、私はいかにマインドばかりで生活していたのかに気づきました。
    そして、そのことに全く疑問を持っていませんでした。
    気づきをいただき感謝します。

    レナードさんが “日本人はパワーを取り戻す必要がある” とおっしゃり、一人の女性を前に呼び、“ハッ” “ハッ” と言いながら歩くご指導の時、これはまるで自分へのご指導かと思われる程、大きな学びとなりました。
    プレゼンスにいる時、出てくる内からの神のパワー、それを信頼して、力強く生きていこうと決心しました。

    他にもたくさんの方へのご指導からも気づきをいただき、ありがとうございます。
    帰宅しましたら、ツーステップをひたすら実践していきます。
    参加の皆さんも素敵な方ばかりで話題も共通していて楽しい一時を過ごしました。

    リトリート開催にあたり、今西さまには様々な準備をいただき、感謝申し上げます。
    またリトリート開催中は参加者が気持ちよく学べるようにお気遣いをいただき、その真心がよく伝わってきました。
    誠実に生きることを学ばせていただきました。
    今西さまには行き届いたお世話をいただき、ありがとうございます。

    レナードさん、ご指導いただきまして、ありがとうございます。
    これからの生活の指針となります。
    私の生活に光が見えてきました。拝 (70代 女性)
  • はじめての参加でしたが、プレゼンスを通し、気づきも深まり、自分の隠れた感情とも向き合うことができて、真の愛に触れる事ができました。
    これからもプレゼンスである真の自分も深めて、人生を楽しいものにしていきたいです。遠くから参加して良かったです。(30代 男性)
  • 素晴らしいリトリートを本当にありがとうございました。
    レナードのリトリートに参加するのは今年で7回目ですが、何度参加しても毎回新たな気づきや発見があり、回を重ねるごとにプレゼンスが深まっていくのを実感します。

    レナードのプレゼンスの教えは、とてもシンプルですが、多くの人にとって、それを1人で実践し継続することは容易ではないと思います。
    プレゼンスを実際に体験し、そのプレゼンスの種を日常に根付かせていくためには、このリトリートに参加することが最も効果的で簡単です。

    日常の喧騒を離れて、レナードや参加者の皆さんとプレゼンスを体験し、分かち合うという時間は、とても貴重で大切なものだと感じます。
    本当にありがとうございました。(浅野 祐介さん)
  • 身体の中にあるフィーリングや感情を言葉で表現するのは、私にとり新鮮な体験でした。表現すると、手放しやすくなることも体験できました。

    今回初めての参加でしたが、プレゼンスはむずかしい作業と思っていましたが、とてもシンプルで、私にも続けることができると思いました。

    最後のワークで人の目の中に私の帰るところが見えました。安心なあたたかなところです。私の中の緊張がほどけ、自分らしく居れました。

    次回も帰ってきます。ありがとうございました。(木田 恵子さん)
  • 回を重ねるたびに理解が深まり、共に実在も深まることがわかりますが、同時に無意識層の自身の様々な側面がかつてない程浮上し、それに向かい合うプロセスが進行していることがわかります。

    すべてを無条件で受容することができないため、苦しみを伴ったプロセスです。
    しかし、どのようなプロセスを経ても、ツーステップが私に起こり続けることは、たとえ困難な状況下にあっても、私に安心感をもたらしてくれます。

    今回のリトリートの全体的な雰囲気は、穏やかでやさしく静かでした。
    私個人のプロセスは別として、とても居心地の良さを感じました。(60代 女性)
  • 毎回プレゼンスを体験することができて、大変うれしく思っています。
    ありがとうございました。
    今回も大変お世話になりました。
    本当にありがとうございました。(50代 女性)
  • プレゼンス瞑想とても良かったです。
    瞑想がそんなにむずかしいものではないとわかりました。

    レナードさんのレクチャーからたくさんのことを学びました。
    日ごろ思っていた質問が解けたような気がします。

    また来たいです。
    レナードさんに感謝します。みなさんにもありがとう!!(60代 女性)
  • これまでは自分が抱えているものを解放することに躍起になっていて、どこか早く“解放しなければ”という焦燥感にかられていました。

    今回のリトリートで、やっと自分がプレゼンスを信頼しはじめていると感じました。
    リラックスして委ねてよいのだと…。

    言葉の表現が合っているのかわかりませんが、リトリートを重ねて、やっと今スタートラインに立てたような、そんな気持ちです。

    今西さん、お手伝いしてくださっているみなさん、一緒にプレゼンスにいてくださるみなさん、今回も本当にありがとうございました。
    清泉寮の環境も大好きです。(30代 女性)
  • 今年のリトリートは、地に足のついたような落ち着いた雰囲気を感じました。
    参加も2回目ということもあったのですが、プレゼンスの状態がどういうものなのか、また、プレゼンスの状態であれば、エゴとも愛を持って話ができるなど、様々なことを体験させていただきました。

    私は、自分にもきびしく、人にもきびしいという、批判することが多く、中々その面を修正できずにいたのですが、今回のリトリートで大きく前進できたようです。
    人や周囲のものに優しい気持ちで終始過ごせることができ、自分自身も楽に過ごすことができました。

    リトリート中に、私の会社の人々にプレゼンスの状態でメールを送ることができました。いつもなら少しきびしいメールになるのですが、今回は社員の方々への感謝のお礼が出て「いつもよくやってくれている」という思いでメールを送ることができました。

    また、5月に入ったら、モナコで海の環境改善のシンポジウムがあります。そこで基調講演を行うことになり、テーマをどうまとめるか困っていたのですが、3日目の朝、部屋の外の山々や木々、鳥の鳴き声や、川のせせらぎの音などとプレゼンス状態になったら、一気にテーマが開かれてきて、方向が定まりました。

    人と海・自然が調和する地球環境をデザインしたいと思っている私には、プレゼンスは大きな大きな手助けになっています。
    ありがとうございます。(60代 男性)
  • とても素晴らしいリトリートでした。
    分かりやすくシンプル!!

    プレゼンスで、全てが美しく愛に満ちた存在に見えた瞬間がありました。
    数分ですが、今回はそのことがつかめて良かったです。

    今西さんのホスピタリティにも感激!!
    また参加したいです。
    ありがとうございました♡(40代 女性)
  • 今回は2回目の参加です。
    前回は、自分の中に少し緊張感があり、リラックス出来ず、プレゼンスの中に入っている感じも、とらえられなかったのですが、今回はリラックスの中に、プレゼンスに入っている自分を感じる事が出来た感じがします。
    この感覚を持続して、日常生活にとり入れていくつもりです。
    参加して良かったです。
    ありがとうございました。(60代 女性)
  • 今回、今まで以上に丁寧に説明してくださったレナードさんに感謝。
    最初からプレゼンスになっていたみなさんに感謝。
    食事の時、話を聞いてくれ、苦しみを笑いに変えてくれた友人に感謝。
    初めてお話した人でも、やさしく接してくださった方に感謝。
    今西さんの心づかいに感謝。
    通訳さんの力に感謝。
    みなさんが正直に自分の苦しみを表現してくださったことに感謝。

    今回、生きたい、生き続けたいという意志がより確かなものになるようにと思って参加しました。
    心が傷だらけで、もう傷つきたくないし、もう誰も傷つけたくない。
    誰かが自分を責めるのも見たくない。
    自分が自己否定する道へ向かいたくない。

    感情的にならずに生きたい道が、リトリートの回数が増えるたびに確実なものになってきました。
    その答えの全てがプレゼンスにありました。
    帰る道がわかりました。
    全てが完了しました。
    もう戻って迷い苦しむ感がありません。

    ありがとうございました。
    すばらしいリトリートでした。(柏倉 明裕さん)