2017年春 清里リトリート

2017年4月に、清里 清泉寮にて宿泊型のリトリートを開催いたします。
宿泊型のリトリートは、自然豊かな静謐な環境の中、 レナードと同じ空間で数日間「今この瞬間」に集中してワークに取り組むため、 より深いレベルからの変容が起こり、目覚めを深化させます。 プログラムはレナードのインスピレーションにより、「その瞬間」に必要なすべてが提供されます。

プレゼンスには段階があります。 段階が深まると、さらに自由に、より穏やかに、もっとパワフルに、あなたの人生が変容していくでしょう。 レナードの存在が、大きな助けとなります。 この類稀なるチャンスを、ぜひ活用してください。

 お申込みについての詳細と、お申込みフォームはこちら>>>?

日程:2017年4月20日(木)~4月23日(日)4日間(3泊4日)
  ※20日(木)からの3日間参加(2泊3日)もあります。

時間:〈初日〉
   リトリート受付     13:20〜14:20
   オリエンテーション開始 14:30~   
   リトリート・ワーク開始 14:40~
   〈最終日〉(3日間4日間参加とも)
   リトリート・ワーク終了 14:00頃

場所:山梨県清里 清泉寮  交通アクセスについての詳細はこちら>>>  

<3日間と4日間参加について>
基本的にレナードは日本でのリトリートを4日間のコースとして設定しています。しかし、日本ではお休みの都合がつかない方もおられるという社会的状況を考慮し、3日間の参加をレナードは設定しました。3日間のご参加でもパワフルですが、リトリート4日目は、リトリートの体験がさらに深化するアドバンス・コースです。初めてリトリートにご参加になる方も、4日間のリトリートにご参加されることをレナードは奨励しています。

<リトリートの進行について>
リトリートの進行はレナードのインスピレーションによって進みます。宿泊型のリトリートの醍醐味の一つは、レナードの深いプレゼンスのバイブレーションの中で数日間過ごすということです。リトリート中は、実際のワークの時間以外も、ワークが内的に進んでいるということを意識して過ごしていただければ、リトリートの機会を最大限に生かすことができるでしょう。リトリート中は連日、夕食後もワークは実施されます。屋外でのワークの可能性がありますが、天候次第です。

清里リトリート いまここに 清里リトリートのグループ写真 いまここに

リトリートのご参加は、清泉寮の宿泊が前提となります。お部屋が満室となり次第、お申し込みを締め切る場合もあります。

清里リトリートのリーフレットをダウンロードする>>>


レナード・ジェイコブソンからのメッセージ

花と共に いまここに レナード いまここに

宿泊して自然豊かな環境で集中してワークを行うこのリトリートは、過去の痛みと制限から、そして、将来の不安から自分自身を解放する準備が整った皆さんのためのものです。自分自身が本当に誰であるのかを、つまり、あなたがこの地上にいる真の目的を発見する準備が整った皆さんのためのものです。また、最大限の可能性を生きることを望む皆さんのためのものです。リトリートの間は、静寂が続くでしょう。質疑応答の時間がたっぷりあるでしょう。また、過去にあなたを足止めさせているものは何でも、あなたが今この瞬間にさらに完全に開かれることを邪魔するものは何でも、癒して解放する機会があるでしょう。リトリートは愛と恩寵と深い慈しみと共感と叡智に溢れています。今ここに在り、グループ内で起こるワンネスの体験を分かち合うことは人生の変容です。

わたしの教えからあなたが最大限のものを得ることをサポートするために、わたしは次のガイドラインをあなたに提案したいと思います。このガイドラインを今からリトリートに参加するまで続けると、あなたはリトリートから最大限のものを得るでしょう。

プレゼンス瞑想:今からリトリートまで毎日少なくても15分、プレゼンス瞑想をして過ごしてください。これはとてもシンプルです。心地よく静かに座わります。目を閉じて、あなたの呼吸の動きと共にすっかり今ここに在ることを続けます。もし思考が湧き起ったり、知らぬ間に居眠りしたりしていたら、静かに気づいて呼吸に戻っていきます。思考を止めようとはしないでください。ただ思考に気づき、ゆるやかに呼吸の動きに戻ってください。徐々に思考と沈黙の間の間隔がより長くなってくるのに気づくでしょう。

プレゼンスで歩く:毎日少なくても5分間はプレゼンスで歩いてください。あなたの身体の動きと共に在る。あなたが見るもの、あなたが聞くものと共に在る。速度を落としてください。美しい庭や騒々しい通りで、あるいは、スーパーマーケットの中でさえもあなたはプレゼンスで歩くことができるのです。

プレゼンスで食事する:時折、食事している間に完全に今ここに在るようになってください。たとえ1、2分であったとしても、それがあなたの人生に違いを生み出します。

感情:感情が引き起こされたときに注意を向けることを始めてください。どのような感情が引き起こされましたか? 怒り、痛み、必要性、恐れですか? 日中に引き起こされたどの感情についても簡単に書き留めて、毎晩更新することができる日記を綴ると助けになるでしょう。あなたの内面に引き起こされたものは何であれ、あなたがすべて自分自身で責任を取るようになるほど、これらの感情的な反応からあなたはより早く解放されるでしょう。

制限を与える信念:あなたが生涯甘んじていた制限する信念に注意を向けることを始めてください。これらの制限を与える信念は幼少期に始まり、あなたの人生の体験を制限します。わたしがリトリートで示すようにこれらの制限を与える信念を意識まで浮上させると、それらは徐々に消えていきます。

『今この瞬間への旅』を読む:頻繁に読むほど、あなたは目覚めへのツーステップを日常生活と人間関係に溶け込ませるでしょう。

以上の提案で明らかでないものがあれば、次のリトリートに参加した後に明らかになるでしょう。皆さんと4月に清里でお会いするのを心から楽しみにしています。

愛と祝福をこめて レナード・ジェイコブソン

レナード いまここに


リトリートの参加費について

宿泊型のリトリートのため、リトリート参加費は、リトリート受講料+宿泊費になります。
参加日数やお部屋タイプによって、リトリート参加費は異なります。

これまでのリトリートでの分かち合いや写真

お陰様で2017年春 清里リトリートでレナードの来日も7年目となり、宿泊型リトリートも6回目を迎えます。前回の清里リトリートも含めた、これまでのプログラムにご参加くださった皆様からの分かち合いや、写真をぜひお楽しみください。

前回のリトリートの感想の一部の抜粋です

  • レナードの深いプレゼンスと鋭い洞察力に導かれて、プレゼンスを体感として知ることができる。(30代 男性 )
  • 深いプレゼンスに在る人が臨在する場というのは非常にパワフルで、そこにいるだけで想像をはるかに超えた色々なことが起こって来ます。(40代 女性)
  • 素晴らしいプレゼンスに、レナードに、一緒にプレゼンスを過ごした皆さんに感謝です。こんなに愛を感じる場所は他にないと思います。(40代 女性)
  • 参加の回を追うごとにプレゼンスが深まっていくことを実感しています。(50代 男性)
  • リトリートでプレゼンスの質が変わりはじめました。愛や平和が少しずつ流れ込んでくるような感じです。“地上の天国”-そんな思いが浮かぶ瞬間もありました。レナードさんのワークは本当に素晴らしかったです。(50代 男性)
  • 「新しい情報」を得たのではなく、まさに「プレゼンスにある」という感覚を肌で感じさせてもらった。確実に私の人生に影響を与えた出来事でした。(40代 女性)
                                     
  • 被害者で、そのくせ尊大で、気の弱い自分よ、さようなら。新しく生まれさせてくださって、これ以上の喜びはありません。本当に心が満たされた喜びの光に包まれ、思いもよらないリトリートでした。(50代 男性)
  • リトリートに参加して探していたものが見つかった、と確信した。(60代 男性)
  • これまで多くの学びを世界中で受けてきましたが、最も深遠で大切なレッスンでした。(30代 男性)
  • 愛に包まれ満ち足りていく自分を感じています。くり返し参加したいと思いました。(50代 女性)
  • プレゼンスを体験できました。静寂、愛、平和、感謝であることに感動。(50代 男性)

リトリートとは、日常から遮断された静かな環境でしばらくの間、自分自身を観つめることです。30年間に渡り世界中で多くの方々の目覚めを導いてきた覚醒したレナードと実際に同じ場で数日間過ごして、彼から直接の導きを得ることで、より深いレベルからの変容が起こるでしょう。リトリートはあなたの目覚めを加速させるとも、レナードは語っています。ご参考までに、前回の清里リトリートにはじめて参加された方々の感想だけをまとめてみました。
はじめて前回の清里リトリートに参加された方の感想を読む>>>

2016年春清里リトリートより
(※ホームページへの写真の掲載は、許可をいただいた方のみ、オリジナルのまま、もしくは、一部加工して掲載させていただいております。)


2017年4月レナード・ジェイコブソン 清里リトリート会場

清泉寮

〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL: 0551-48-2111

清泉寮

敷地内に自然と触れ合うことのできる数々のトレイルや富士山や八ヶ岳を見渡せる牧草地があるだけでなく、周囲も森林や渓谷に囲まれています。
清泉寮についての詳細はこちら>>>
交通アクセスについての詳細はこちら>>>


清泉寮
清泉寮リトリート会場