2017春清里「プレゼンスが深まった」方

2017春 清里リトリートにて

  • 今回でリトリートは2回目になります。レナードさん、それからこのような機会を与えてくださいました今西さん、当日お手伝いの皆さんに、心より感謝と御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

    今回は、本当に毎日が慌ただしくて、心も体も疲れている状態の参加でしたが、帰り道は、来る時よりも山や木々、桜並木、夕日がとても美しく感じる事ができました。

    今回は、外国人の方が多くいらしていたせいか文化の違いを凄く学びました。日本人は、やはり少し遠慮しがちで控えめなのですね…。私自身もそんな所がありますが、それと言葉の表現の違いなど良い意味で視野が広がりました。

    自分自身のプレゼンスが、前回よりもだんだん深くなってきたように思います。静寂の中に、心地良さ、平和、幸せを感じました。プレゼンスにある時は、花や木、人も、すごく美しく見えました。

    プレゼンスにある時、自分も「純粋意識の愛」のエネルギーでただそこに在ることを感じられました。そこに在るのはすべて愛だったと感じられた自分にも驚いております。そのことで、私の中で何かが変わった気がします。ただ、今ここにプレゼンスで在ることだけでいいんだぁ・・と思いました。このことが、今回のリトリートでの大きな気づきだと思います。

    日常の生活に戻ると、慌ただしい毎日に追われますが、その中に居ても常にプレゼンスで居られるかが、これからの私の課題だと思いました。常にプレゼンスで居ることで、本来の自分らしく、自分の在り方で居られるようになれる気がするのでこの変化を楽しもうと思います。仏教の教団に入るのではなくて、ブッタになる、真実に目覚めた僧侶になろうとつくづく思いました。(三溝 昭英さん)
  • 最初、会場に入ったときから、レナードと参加者の人々のプレゼンスのエネルギーを感じました。穏やかで、しっかりと地に足が着くような落ち着いたエネルギーでした。

    レナードの本を読んで、「プレゼンス」とはどんな感じなのか、もっと知りたい、味わいたいと思いました。そして、会場の雰囲気を感じたとき、その願いは叶うと実感しました。

    百聞は一見に如かず。本では決して味わえない、全員で深いプレゼンスに入る素晴らしい体験をすることができました。(40代 男性)
  • ありがとうございました。本を読んでいるだけではわかりきれないこと、実際にレナードと共にプレゼンスに入る感覚を体験でき、良かったです。ストーリーに入って生きていること、そこから抜けることがわかり、これからの暮らしに役立てることができそうです。そして、参加者全員とレナードと共にプレゼンスに入る感覚、覚えていたいです。(40代 女性)
  • 今ここにいるという実体験ができたことが良かったです。私にとって、素敵な3泊4日の時間を過ごすことができました。ありがとうございました。これからの日々に生かしていき、深いプレゼンスに入れるように続けていきます。感謝。(60代 女性)
  • レナードの清里リトリートは、2回目の参加である。昨年参加して、プレゼンスを意識するようになったが、今回はプレゼンスに気づく回数がとても多くなった。プレゼンスでいると、神も内在するようになる、と云われる。とても励みになる。参加してとても良かった。(又吉 清一さん)
  • 参加を重ねるたびに、プレゼンスが深まるのを感じています。一連のワークによって抑圧された感情が排除されたり、さまざまな癒しを得ることができ、心の底からパワフルになるのを感じています。他では得ることのできない大変貴重で素晴らしいプログラムだと思います。再び、レナード氏の深いレベルからの御導きをたまわりたいと思います。いつもありがとうございます。(50代 女性)
  • 回を重ねるごとにプレゼンスの深さ・長さが変化してきました。深さはどんどん深くなっています。長さは前回と比べものにならないくらいプレゼンスに留まっています。(40代 女性)