清里リトリートのページへ

私の日常でのツーステップの取り入れ方

今までに私がした事は、レナードの教えのツーステップの4つのカテゴリー別にノートにまとめていきました。これはただ要点をまとめると言うのではなく、レナードの説明に自分なりの言葉、自分ができるやり方でまとめる事でした。

そして、すべての作業が終わった時にマイノートが出来ていました。このノートは自分だけの物なので何時でも何処でも実践する事が出来ます。後私は仕事に行く時も、ショッピングの時でもいつも本とノートをバックの中に入れて出かけます。そしてお茶をする時は必ず本とノートが珈琲と一緒に目の前にあるのです。(いつもいつも自分をそういった環境におくということでしょうか)

レナードがおっしゃっている「穏やかな心構えで覚えている」ことがツーステップの実践や持続させる事には欠かせない事だと実感しています。人は皆いつの間にか忘れてしまうのです。24時間365日これらの気づきとツーステップと共にという生き方、そのものしかないような気もします。

一人でも多くの人がレナードの本を手にとってくれれば本当に世界は変わって行くと思いますが、それでもそれだけではダメであって、コミットが強くなければ、ツーステップを持続させることは至難の技だと思います。とにかくやってみてほしいと思います。

職場までの道のりを、歩くことに集中、風の感じ、鳥の声少なくとも私はこの3つをとてもとても意識しながら職場までの道のりを歩きます。時には少し早く家を出てベンチに座り意識的に実在する時間を持ちます。

愛をもってエゴを見張り、思考→気づき→思考→気づき そして実在している物に戻ります。これらが私の生活の中心となると、外側のものが色あせてきました。多くの方たちにも自分の内側に向かってほしいと切に願っています。(KMさん)

清里リトリートのページへ