プレゼンスは地球への貢献

レナード氏のリトリート・ワークショップは5回目です。毎日とは言えませんが、レナード氏の祈り、プレゼンスウォーキング(私の場合はジョギングですが…)、感情解放のワーク等に取り組みながら、生活をしています。

レナード氏が毎回言われるように、参加の回を追うごとにプレゼンスが深まっていくことを実感しています。私の場合、プレゼンスになると意識が変わるのか、五感に感じるものが変化します。例えば、私は小さい頃から鼻がわるく、物の臭いを感じないのですが、プレゼンスに入った途端、周りの花や草の薫りがプ~ンとします。

初めてリトリートに申し込んだ日のことは大変印象的で今でも覚えています。たまたま書店で見つけたレナードの書籍を一気に読み終えたとき、この美しい翻訳をされた人に興味がわき、インターネットで今西礼子さんのブログへ入りました。そしてこのリトリートの存在を知ることになるのですが、なんとその日はリトリート申込み開始の前日だったのです。スケジュールを確認すると、たまたまリトリート期間だけポカンと空いていました。

そんな偶然に導かれるまま、申し込んだリトリートで、私の人生は変わりました。

私自身ももちろんのこと、多くの人がリトリートに参加して、プレゼンスを深めることが、今の地球への大きな貢献になると思っています。
4月のリトリートは、初めて友人に分かち合いをしたのですが、プレゼンスで伝えたところ、なんと6人もの友人が参加することになり、私自身、驚いております。

4月のリトリートは、何か重要なことが起きるのかもしれません。わくわくしながら参加させていただきます。(綾原 昌仁さん)

プレゼンスは地球への貢献