清里リトリートのページへ

アンケートより あなたにとってレナードとは

レナード・ジェイコブソン いまここ
  • プレゼンス(実在)そのもの
  • 私の全てを映し出す 透きとおった鏡
  • 師匠
  • 偉大なマスター
  • 本当の本当に、先生(マスター)と呼べる方
  • 現代に生きる覚者
  • 絶対的理想の父親
  • 私のすべてのすべてを受け入れてくれる先生
  • エゴとマインドを知り尽くしたマスター
  • レナードは目覚め、覚醒を求める方々のみならず、心の癒しを求める人々も引きつける。覚醒者であるとともに、ヒーラーでもあるところがレナードのユニークさだと思う。
  • いつも優しく、時として厳しく、ジャッジすることなく、温かく包み込んで見守ってくれている父親、母親のような存在
  • 自分が行くべき所へ、自分が行きたい所へ引っ張ってくれる引力
  • 苦しみから逃れるために色々なものを探して探して、ようやくたどり着いた安心
  • 余計なものを持っていない人
  • とても正直で誠実で愛に溢れる人
  • 本を通して様々な先生の教えを受け、実践してきましたが、レナードさんという私にとって最後の先生に巡り合うことができました。レナードさんはわたしにとってとても大切な最後の先生です。(50代 女性)
  • 2011年3月11日、日本人なら誰もが忘れられない日となりました。東日本大震災の日です。日本に在住されていた沢山の外国の方が国外に脱出し、来日予定だった方々もこぞってキャンセルされ、日本から外国の方の姿が随分と減りました。

    そんな中、数か月前から繰り返し読み続けてた本の作者であるレナードさんの来日も目前と迫ってましたが「当然キャンセルだろうな、何時かは日本に来てくれるのだろうか」と思ってました。

    しかし4月7日付の今西礼子さんのブログのタイトル。「レナード・ジェイコブソンの来日が5月に延期となりました」
    私は我が目を疑いました。「5月って、すぐそこじゃない…」

    当日の今西さんのコメント
    「4月16日、17日に予定しておりましたレナードのワークショップが、予定通りの開催を目指し努力しておりましたが、震災の影響を受けて5月7日、8日に延期しなくてはならなくなりました。4月にお申し込みをされていた方々に多大なご迷惑をおかけしたことを、レナードに代わりまして、心からお詫びいたします。」

    日本にずっといた外国の方すら日本から脱出し、誰もがキャンセルが当たり前と考えたこの時期に、有り難くも予定よりたった半月遅れるだけで日本に来てくださる事に感動致しました。

    そして、レナードさんからのメッセージ
    「残念ながら、4月の来日を延期せざるを得ませんでしたが、わたしの来日へのコミットメントはこの非常に困難な時期においてとても強くなり、5月のわたしの予定を再調整して、5月に初来日することが実現しました。
    今までわたしのアメリカでのワークショップに参加された日本人の方々との経験から、わたしは日本人の方々にとても高い敬意を持っています。
    わたしは今、日本で、本当の意味での、意識の目覚めの準備が整ったと感じています。そして、わたしの実在(=プレゼンス)の教えと、心(=マインド)のマスターという意識になることの教えが、今、この時期の日本に落ち着きをもたらし、とても役に立つと確信しています。
    わたしたちがより根本的に「今、この瞬間」に存在すると、深いレベルの内なる平安と明晰さと強靭さを得ることができるからです。
    4月のワークショップに登録された方々に深くお詫びすると同時に、5月のワークショップに皆さんが参加できることを願っています。日本のわたしの読者の皆さんに心からの祈りと声援をお送りします。そして、5月に皆さんとお会いできることをとても楽しみにしています。  レナード・ジェイコブソン」

    私は既にレナードさんの本を数回読み終えレナードさんが悟りを開いたマスターである事を知っていました。そのマスターが日本に来日されると言う事は日本は大丈夫!! しかも「わたしは今、日本で、本当の意味での、意識の目覚めの準備が整ったと感じています」と仰って下さっている、日本は絶対に大丈夫!!

    また被災された方は参加費が半額となってました事も、とても感動致しました。私はこの件でレナードさんに励まされ勇気を頂いたと同時に、レナードさんこそは真のマスターだと確信致しました。  (山本卓さん)

あなたにとってレナードの教えとは

  • シンプルで奥深い真理の教え(50代 男性)
  • 私がいまここに居る理由、の答え(福本愛さん)
  • 自分が作った空想の世界から目覚め、本当の世界に戻る事。(40代 男性)
  • 目覚めへと導く2ステップ。2ステップで自分のストーリーを手放すと人生が変わる。(50代 男性)
  • 教えの2ステップを自分なりに解釈し毎日それを意識した生き方をし、直接レナードさんに会う事が出来て、私の生き方が180度変わりました。(50代 女性)
  • Be present. 夢の中でスーツケースを探すのはやめにして目覚めよう。(和田光平さん)
  • 一生かけて取り組んでいくもの。終わりはなく、ただただ次の段階が現れてくる。(60代 女性)
  • こんなシンプルな実践を取り入れた教えは他にはありません。(50代 男性)
  • 人生にやすらぎを取り戻してくれるもの。(30代 女性)
  • レナードの教えは、真実であり、かつとてもリアルです。命にとってごく自然な在り方を、具体的に伝えてくれています。(50代 女性)
  • 魂レベルでいまここに実在する事を学ばせて頂いています。(山本卓さん)
  • 植物や大地から感じていたこと、周りの人に感じていた違和感、生きづらさ、それらすべてがレナードの教えに出逢い、私の中で繋がりました。(泉谷陽子さん)
  • 今まで多くの覚醒系の本を読んできましたが、わたしにとってツーステップほど丁寧に、詳しく、しかもわかりやすく目覚めの道を示してくれたものは他にありません。しかも、日常でツーステップを実践することで、わたしの人生が変容してきました。レナードさんに心からの感謝でいっぱいです。(50代 女性)

レナードとのプレゼンスで感じること


レナード・ジェイコブソン いまここ

  • 彼が目の前に座っただけで自分の心までもが静まり返った。レナード・ジェイコブソンのリアルさを、その恩恵、恩寵を多くの人が十分に受け取ってほしいと心から願う。(60代 女性)
  • レナードさんがいる部屋に入った瞬間、雑念が消えて、マインドが静かになった。彼と共に過ごす時間は、ガイダンスを直接得られるだけでなく、彼の実在の波動の中にいることができる。とても貴重で素晴らしい機会だと感じる。(50代 女性)
  • レナードの瞳を見ていると、自分が溶けて彼の瞳の中に入っていき光の海にようになり、レナードもわたしもいなくなった。彼と初めて目が合った瞬間にわたしはワンネスを体験しました。(50代 女性)
  • レナードのプレゼンスに引き込まれ涙が出てきた。(50代 男性)
  • 初めて会ったとき、初対面のような気がしなかった。ただただ魂の歓びを感じた。そして、話を聞いただけで色々な変容が起きた。ハートチャクラも開いた。(女性)
  • 今まで感覚的に解らなかった「いまここに在るあ物と共にプレゼンスになる」が自然と直ぐに当たり前の様に解る様になりました。(40代 男性)
  • 静粛、安心、喜び、愛、ここちよい無。(30代 女性)
  • 彼が前に座っただけでシーンと静まりかえり、同時にこの自分自身の心まで静まりかえる。(女性)
  • ただ静寂 安らかさ 果てしのない大きな広がり。私にとっての恐怖などがなくなっていくのが、わかります。(50代 女性)
  • レナードさんの寛容と受容と存在に、お会いする度に感動を覚えております。(60代 女性)
  • ジャッジは皆無でただただそこにいて安心できるもの。ありのままの自分でいられる。全てを受け入れてもらえるという大きな安心。(50代 男性)
  • レナードが導いてくれるプレゼンスは 回をかさねる度に深くなっていき 毎回予期しないことが起きて 歓びに全細胞が震える体験をしています。(50代 女性)
  • 愛の深さを体験します。ずっとずっと奥まで、無限に愛は拡がっていて、どこまでも足りないものはないんだなぁということを、いつも思います。(福本愛さん)
  • 「いまここに在る物と一緒にプレゼンスになる」と言う意味が一瞬で解り、自分が誰で、自分が誰になっていたかを知るワークの時に、自分が解決してなかった事が自分から去って行くのを深く実感出来ました。(山本卓さん)

レナードと出逢っての変化

  • 私は、レナードに出逢うまで、生きるということそのものが、出来ませんでした。いつも何かが違っていると感じ、何をしていても大切なことはここにはないという不在感の中で、いつも寂しさを感じて生きていました。

    私が居たかった、私の本当の現実は、本当にはすでにいまここにあったということがわかった時、私の意識は静かに、広く広く拡がって、満たされた今もなお拡がり続けています。

    そこから出発して描きだす、私の躍動は、とてもユニークです。ただいまここに居る、ということそのものが生き生きと躍動しており、ストーリーの中で何を奪われたとしても、私は何も失なわないということを、知りました。(福本愛さん)

  • 自分を苦しめると思い込んでた様々な事から解放された。(40代 女性)
  • 無条件の喜びを知った。(30代 女性)
  • 静かな毎日の連続が、本当に愛おしいです。(50代 女性)
  • 日常生活がとても楽に穏やかになりました。家族や仕事仲間との会話がスムーズになり 素直な気持ちが伝えられるようになってきました。(50代 女性)
  • 自分の意識を根底から変えて下さった。今まで人生で必要としていた物、守っていた物が少しずついつの間にか消え、ただ今 ここに存在する事が問題でなくなった。(60代 女性)
  • 前なら気になっていた事が気にならなくなり、コントロールしなくてはという思いが随分減りました。(40代 男性)
  • 自分の行為がいまここから出たものなのか、エゴ的な思考から出たものなのか分かるようになった。(和田光平さん)
  • 現実にいまここに在る物と一緒にプレゼンスにある事で正面から向き合い、問題と思える事すら手放せる様になっております。(30代 女性)
  • 悩んでる最中は確かに精神的にどん底なんだけど、それを観ているもうひとりの自分、それに巻きこまれずにただ観ている目が、生まれている。リトリートの後もリトリートが続いている。(和田光平さん)
  • 普段の生活では、ブロックされていた身体の緊張、肩の痛み。レナードにワークをして頂く中で、無意識からの深い気づきになりました。それ以降、肩の痛みを感じることは、ほとんどなくなりました。(40代 女性)
  • いまここにあることのシンプルさ、豊かさを、日々受け取れるようになってきました。(50代 女性)
  • ツーステップを実践し始めた最初の頃は、いろんな感情が浮上してツーステップを実践し始めた最初の頃は、いろんな感情が浮上してきて大変でした。どうしても内側に入っていき、一人になりがちでした。エゴのトリックにもずいぶん巻き込まれました。

    今でもまだそういうことはおきますが、そのたびに自分を注意深く感じ、実在することで新たな気づきがあります。そして嬉しいことに、最近はマインドを使いながら起きることを愉しめるようになりました。(50代 女性)
  • 以前は、思考から離れていまここにいることが退屈だし無駄なことだと思っていたし、思考している方が偉いことのように思っていました。なんとか苦しみから逃れたいと色々な教えを探しながら、やっとレナードの教えに触れることができました。

    いまここにいることの大切さを学び、安らぎを得ることができるようになりました。まだまだ思考に巻き込まれてしまうことが多いですが、少なくとも、いまここにいることが無駄なことだと思うことがなくなりました。

    いまここというフレーズがだんだん浸透してきている最近ですが、いっけん地味なことなので、しっかり教えてもらうまではちっともなんのことだかわかりませんでした。過去も未来もなく、今しかないということを知り、不安が減りました。そして、この人生でレナードさんの教えに触れることができ、とてもうれしく思います。(30代 女性)

リトリートに参加しているとき、あなたが体験していること

  • 集団的な目覚め。目覚め、プレゼンスの相乗効果。(30代 女性)
  • 一人の癒しが会場全体に広がり、レナードさんのプレゼンスを中心として生徒全員のプレゼンスが更に深いプレゼンスを生み、大きな癒しと変化が起こります。 (40代 男性)
  • リトリートで皆の顔が愛に変わっていった。全ての人の存在の素晴らしさを体験させてもらった。(60代 女性)
  • 実在の心地よさや大切さを知り、自分を取り戻せるようになってきている。また、実在の重要性を実感し、自分の実在を深めたり、グループの実在の助けをしたり、それを広めたりしようとしている。(30代 女性)
  • レナードさんと生徒さん方が作られるプレゼンスの空間。そこには確実に奇跡が存在します。(山本卓さん)
  • その人、一人一人に最もふさわしい状態が起きていると思う。静寂もあれば抵抗も、感情の浮上もあれば色々、でもそれがその人にぴったりですべての状態が美しいと思います。(50代 女性)
  • あれだけの人数がいまここに集うこと。その恩恵の素晴らしさは言葉を超えています。それぞれの持つもの全てがその愛に溶けていき、ただ美しい命としてここに在る。その輝くエネルギーが会場全体を包み、拡がるバイブレーション・・・ 何もない。でも全てある。(泉谷陽子さん)
  • レナードさんが話しを始めると涙がこみ上げてきます。それにはストーリーはなく、ただ感動、喜び、安心、幸福感のようなものです。また、あるときは突然、内側にぎゅーと引き込まれるような力を感じ、それによって自然に目が閉じられ瞑想状態になることもあります。この感覚はリトリートに参加する度に強くなっていくように感じます。(KUさん)

    清里リトリートのページへ